レンジ型についてわかりやすく解説

今回は、バイナリーオプションの中でも、レンジ型についてお話をさせていただきたと思います。その前に、バイナリーオプションには、いくつかの種類が存在しています。バイナリーオプション中で一番有名でかつ最もシンプルだと言われているハイロー型や、ワンタッチ型と言われる取引時間内で1度でも予想レート価格に達すれば利益を得られる方法、そして、今日ご紹介させていただくバイナリーオプションである、レンジ型は、レート価格が一定の範囲内で収まるかどうかを予想というものです。

レンジ型は、判定時間までに、レートが一定のレンジ内で推移するもしくはしないかを判定基準として取引する方法ですから、一度でも上限レートにタッチもしくは下限レートにタッチしてしまうとその場で損失が発生してしまいます。また、一度でもレンジをブレイクしてしまうとその時点で損失となっていまいますから、レンジ型を利用する場合は、勝率をあげる為にも、トレンドが発生しにくい通貨を使う方が良いと言われています。

ですが、レンジ型は先程も述べましたが、一度でもブレイクしてしまうと、その時点で損失となってしまいますから、他のバイナリーオプションでのシステムであるワンタッチ型やハイロー型に比べれば、見極めがとても難しい方法であると言えます。通貨と言うものは、時間によってはあまり値が動かないと言う事があります。ですから、FXをされている方でしたら、値が動かない時間帯をイライラとして過ごしていると言う方もいるかもしれませんが、そういう方にこそ、レンジ型はぴったりな方法なのかもしれません。

ですから、通貨の値動きをよく知っていると言う方にとっては、レンジ型は良い方法と言えます。レンジ型を提供している業者はとても少なく、国内であれば数社程度と言われています。国内業者では会社を選べないと言うのが難点です。

最新人気ランキング